Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「No More Ransom」へJPCERT/CCなど30組織があらたに参加 - 76組織へ拡大

ランサムウェア対策を進める官民連携プロジェクト「No More Ransom」の輪が広がりを見せている。30組織があらたに参加したほか、あらたな復号ツールも追加されている。

「No More Ransom」は、欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labなどが中心となり、展開している官民連携プロジェクト。端末内のデータを暗号化し、金銭を要求するランサムウェアに対抗し、復号ツールの提供や啓発活動などを展開している。

今回あらたに、アソシエイトパートナー7組織をはじめ、JPCERTコーディネーションセンターを含む30組織があらたに協力を表明。参加組織は76組織となった。あらたな復号ツール15件が追加されたほか、日本語をはじめ、対応言語の拡大を図っている。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を