Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「No More Ransom」へJPCERT/CCなど30組織があらたに参加 - 76組織へ拡大

ランサムウェア対策を進める官民連携プロジェクト「No More Ransom」の輪が広がりを見せている。30組織があらたに参加したほか、あらたな復号ツールも追加されている。

「No More Ransom」は、欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labなどが中心となり、展開している官民連携プロジェクト。端末内のデータを暗号化し、金銭を要求するランサムウェアに対抗し、復号ツールの提供や啓発活動などを展開している。

今回あらたに、アソシエイトパートナー7組織をはじめ、JPCERTコーディネーションセンターを含む30組織があらたに協力を表明。参加組織は76組織となった。あらたな復号ツール15件が追加されたほか、日本語をはじめ、対応言語の拡大を図っている。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに