Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス

Radwareは、オンプレミスと「Amazon Web Services(AWS)」および「Microsoft Azure」を組み合わせたハイブリッド環境へ対応するDDoS攻撃対策サービスを提供開始した。

同サービスは、ハイブリッド環境を一元管理できるマネージド型のDDoS攻撃対策サービス。アプリケーション層およびSSLベースのDDoS攻撃検知や緩和機能を提供。ウェブポータルやレポートツール、問い合わせ窓口、緊急対策チームなども提供する

サービスモデルとしては、つねにトラフィックを同社のスクラビングセンターを経由させる「常時接続型サービス」と、攻撃検知時にスクラビングセンターへ自動転送する「オンデマンド型サービス」を用意。

すでに「AWS」利用者向けのサービスを開始しており、「Azure」については2017年第2四半期に提供開始の予定。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
アルテリア、DDoS攻撃対策サービスをリリース
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
CSC、「攻撃遮断くん」利用者向けにサイバー保険を付帯
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応