Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も

20170316_od_001.jpg

沖縄電力が運営する一部ウェブサイトが不正アクセスを受けたことがわかった。顧客情報が流出した可能性がある。

同社によれば、同社が運営する「停電情報公開サービス」が不正アクセスを受けたもの。

ウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれ、3月13日19時ごろより約2時間にわたり、本来とは異なる情報や画像が表示される状態に陥った。

またサーバ内には、メールアドレスやニックネーム、停電情報の配信希望地域など、「メール配信サービス」へ登録された顧客情報6478件が保存されており、これら情報の流出やマルウェア感染の可能性について調査を進めている。

同社では関連した顧客に対して個別に連絡を取るとともに、再発防止策を講じた上でサービスを復旧する予定。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス