Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAの「安全なウェブサイト運営入門」に脆弱性 - サポート終了のため利用中止を

情報処理推進機構(IPA)が提供している「安全なウェブサイト運営入門」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることが明らかになった。すでにサポートを終了しており、利用の中止が呼びかけられている。

「安全なウェブサイト運営入門」は、同機構が2008年にリリースしたWindows向けのセキュリティ学習ソフト。クロスサイトスクリプティングやセッション管理不備などの脆弱性により生じるウェブサイト運営上の事件を疑似体験し、対策の必要性などを学ぶことができる。

同ソフトウェアにおける「セーブデータ」の読み込み処理にOSコマンドインジェクションが可能となる脆弱性「CVE-2017-2128」が存在することが明らかとなったもので、細工されたデータを読み込むとOSのコマンドを実行されるおそれがある。

同ソフトウェアの開発やサポートはすでに終了しており、同機構では利用を中止するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開