Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」「Fusion」のドラッグ&ドロップ機能に深刻な脆弱性

「VMware Workstation」や「VMware Fusion」に深刻な脆弱性「CVE-2017-4901」が含まれていることがわかった。

同社によれば、ドラッグ&ドロップ機能の処理にメモリ破壊の脆弱性が存在し、ゲストによりホストOS上でコードを実行されるおそれがあるという。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。

同脆弱性は、「Workstation Pro」「同Player」「Fusion」「同Pro」に存在。「ESXi」に関しては影響を受けないとしている。

同社では、アップデートとなる「VMware Workstation 12.5.4」および「Fusion 8.5.5」をリリース。また「VMware Workstation Player」以外では、「ドラッグ&ドロップ」および「コピー&ペースト」の機能を無効化することで脆弱性の悪用を回避することが可能であるとしている。

(Security NEXT - 2017/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ
「Drupal」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を解消
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
WordPress向け投票プラグインにXSSの脆弱性 - アップデートで修正
エフセキュア法人向け製品のパッチ管理機能に脆弱性
「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース
「ntpd」に5件の脆弱性、サービス拒否のおそれ
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正