Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Horizon DaaS」に脆弱性 - アップデートで修正

VMwareは、同社の仮想デスクトップソリューション「Horizon DaaS」に脆弱性が明らかとなったとして、アップデートをリリースした。

同ソリューションの仮想デスクトップサービスを利用するクライアントにおいて、データの検証処理に脆弱性「CVE-2017-4897」が存在することが明らかとなったもの。

DaaSクライアントが悪意あるリンクより、細工されたRDPファイルをダウンロードすると、攻撃者の用意した悪意あるサーバへ接続され、ドライブやデバイスなどを共有されるおそれがあるという。

脆弱性は、「同6.1」に存在し、重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」。同社は同脆弱性の解決策として「同7.0.0」へのアップデートをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは