Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンクのオンラインストレージ用アプリインストーラに脆弱性 - 導入済みアプリは影響なし

ソフトバンクが提供するオンラインストレージサービス用アプリケーションのインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

Windows向けに提供している「PrimeDriveデスクトップアプリケーション」のインストーラにおいて、同一ディレクトリ内のライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2108」が含まれていることが判明したもの。

影響を受けるのは、バージョン1.4.3以前のインストーラで、アプリケーションそのものに脆弱性は存在しないとしている。

同脆弱性は、セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークの吉田英二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

ソフトバンクでは、「同1.4.4」で脆弱性を修正しており、アプリケーションを導入する場合は、最新のインストーラを用いるよう利用者へアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測