Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日商エレと名大、サイバーセキュリティ分野で技術協力や人材交流

日商エレクトロニクスと名古屋大学は、サイバーセキュリティ分野における共同研究を4月1日より開始する。

サイバー攻撃を引き起こすマルウェアの振る舞いに関する調査や、セキュリティ製品の効果的な運用方法の開発を目的として、4月1日から2018年3月31日までの1年間にわたり共同研究を展開するもの。セキュリティアナリストの育成やインターンシップなど、人材交流も予定している。

技術協力の面では、日商エレクトロニクスは、検証基盤の提供と技術支援を行うほか、国内外の技術動向や脅威情報などを提供。一方名古屋大は、おもに日本特有の脅威に関する研究結果を提供するとともに、検証基盤において改善を要する部分について指摘を行う。

両社は共同研究の手はじめに、米Vectra Networksのソリューションを対象に、サイバー脅威に対応するための効果的な運用方法について開発を進める。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
故山口英氏がインターネット殿堂入り - 日本人で6人目
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%