Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJCB」の偽サイトに注意 - 正規サイトのデザインを盗用

ジェーシービーの会員向けウェブサービス「MyJCB」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20170220_ap_001.jpg
今回確認されたフィッシングサイト(画像上:フィ対協)とデザインが盗用された正規の「MyJCB」のページ(画像下)

今回確認されたフィッシングメールは「【重要:必ずお読みください】 MyJCB ご登録確認」といった件名で送信されているもの。

本文では「第三者によるアクセスがあり、登録IDを暫定的に変更した」などと不安を煽り、メール中のリンクから偽サイトへ誘導。

IDやパスワードを再設定するなどとだまし、クレジットカード番号や有効期限を詐取しようとしていた。

今回確認されたフィッシングサイトは、正規の「MyJCB」に存在する新規登録やID確認に用いるページを盗用しており、デザインから偽サイトであることを判別することは不可能。また「myjcb」といった文字列を含むドメインをフィッシングサイトに用いていた。

2月20日12時の時点で同サイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターが調査を進めている。同協議会では、フィッシングサイトへ注意するよう呼びかけるとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合に情報提供してほしいとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍
サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と