Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正

OpenSSLの開発チームは、重要度が高い脆弱性に対処したセキュリティアップデートをリリースした。

Encrypt-Then-Mac拡張が再ネゴシエーションのハンドシェイクを行う際に、クラッシュするおそれがある脆弱性「CVE-2017-3733」が判明したもの。同脆弱性の重要度は、4段階中2番目に高い「高(High)」としており、サーバおよびクライアントのいずれも影響を受けるという。

開発チームでは同脆弱性を解消した「同1.1.0e」をリリースした。また今回の脆弱性は、「同1.0.2」では影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2017/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
「VMware Workstation」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 脆弱性37件を解消
「Joomla!」にSQLインジェクションの脆弱性 - アップデートがリリース
無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性
複数の脆弱性を解消した「WordPress 4.7.5」がリリース - 即時更新を推奨
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
Apple、スマートデバイス向けに「iOS 10.3.2」をリリース - 脆弱性41件を解消
Apple、セキュリティアップデート「iOS 10.3.1」を公開
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で