Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文化芸術センターのサイトが改ざん、外部へ誘導 - 豊中市

大阪府豊中市立文化芸術センターのウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされる被害が発生した。詳細について調査を進めている。

同センターによれば、2016年12月16日15時から同月19日10時にかけて、ウェブサイトが改ざんされた状態だったと見られ、期間中にサイトを閲覧した場合、外部のサイトへ誘導される状態だったという。

同センターでは改ざんの判明後、サーバを停止してログインパスワードを変更。データを削除し、データをチェックした上で再度アップロードし直したという。

セキュリティを強化した上で復旧したとしているが、不正アクセスの原因となった脆弱性の特定や対策については今後実施するとしている。

また期間中に同サイトを閲覧した利用者に対し、セキュリティ対策ソフトでマルウェアへ感染していないかチェックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトが不正アクセスで改ざんなど被害、復旧済み - 東京往来館
フィッシング対策の啓発サイトが改ざん被害 - アクセス控えるよう注意喚起
セキュアブレイン、サイト改ざん検知のオンプレミス製品
DNP、車載システム向けにセキュリティ対策ソリューション
攻撃者視点で自動車の脆弱性を検査 - ネットエージェント
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発
複数サイトで改ざん被害 - 身に覚えのない「index_old.php」に注意
JavaScriptの変化も調べるサイト改ざん検知サービス
アンケートサイトで不正ログイン被害 - ポイント狙いの犯行
PHP起因の「Joomla!」脆弱性で改ざん被害 - JPCERT/CCが注意喚起