Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5.3%がスマートデバイスでマルウェア感染を経験 - 4人に1人が電話帳漏らす

スマートデバイスがマルウェアに感染した経験を持つユーザーは5.3%だった。 そのうち4人に1人において、友人や知人の情報が保存された電話帳情報の流出が発生していた。

情報処理推進機構(IPA)が10月6日から12日にかけてインターネットで実施した意識調査により明らかになったもの。13歳以上のスマートデバイス利用者5000人から回答を得た。

スマートデバイスを標的としたマルウェアを認知している1458人のうち、スマートデバイスがマルウェアに「感染したことがある」と答えたのは5.3%。また25.9%が「感染したことはないが、セキュリティ対策ソフトなどで発見したことがある」としており、「感染、発見したことはない」は65.2%だった。

感染経験があると回答した77人に被害内容について聞いたところ、48.1%において端末利用者自身の個人情報流出が発生。友人や知人の情報を含む「電話帳情報」の流出や、不正な請求メッセージの表示など、いずれも26%が経験していた。また6.5%ではスマートデバイスがロックされ、利用できなくなったほか、3.9%は金銭的な被害が生じていたという。「特に被害はなかった」が23.4%だった。

被害への対処法では、「スマートデバイスメーカーに相談」が61%でもっとも多く、「携帯電話会社に相談(28.8%)」「販売店に相談(20.3%)」「サービスの提供会社に相談(16.9%)」と続く。また6.8%が「何もしなかった」という。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加