Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ameba」にPWリスト攻撃 - 3754万回に及ぶ試行で59万IDに不正ログイン

サイバーエージェントのSNSサービスである「Ameba(アメーバ)」が不正アクセスを受け、約58万件のアカウントで不正にログインされる被害が発生したことがわかった。

約3754万回におよぶログインの試行が行われた「Ameba」
約3754万回におよぶログインの試行が行われた「Ameba」

同社によれば、11月25日22時半ごろより同サービスでは断続的にパスワードリスト攻撃を受けており、11月28日2時22分の時点で3754万7786回におよぶログインの試行が行われ、58万9463件のアカウントが本人以外の第三者に対してログインを許したという。

不正ログインの被害に遭ったアカウントでは、ニックネームやメールアドレス、生年月日、居住地域、性別、同サービスにおける仮想通貨の履歴情報など、アカウントに関する情報が閲覧された可能性がある。

同社では今回の不正アクセスについて、同社以外から入手したIDやパスワードを用いたパスワードリスト攻撃であると説明。警察へ被害を届けるとともに、不正ログインの被害に遭った利用者のパスワードを強制的にリセットし、メールで再設定するよう案内した。

また被害を防ぐため、他サービスと同じパスワードを使い回している場合や、第三者が予想しやすい脆弱なパスワードを利用している場合は、変更するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生
東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行