Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトとソックリ、偽「セゾンNetアンサー」に注意

セゾンカードの会員向けサービス「セゾンNetアンサー」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」という件名のメールを送信。本文で「第三者によるアクセスを確認したため、IDを暫定的に変更した」などと不安を煽り、記載されているリンクから偽サイトへ誘導する。同様の文面を用いたフィッシング攻撃は、過去にもたびたび発生している。

20161128_ap_001.jpg
フィ対協が確認した偽サイト(画像上)と正規サイト(画像下)。アクセス環境により見え方が若干異なるが、見た目だけで違いを判断するのは困難だ

誘導先のフィッシングサイトでは、「セゾンNetアンサー」のアカウント情報やメールアドレスのほか、クレジットカード番号や有効期限、生年月日、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

クレディセゾンの正規サイトには、同様のデザインで個人情報の入力が必要となる「Netアンサー利用登録フォーム」が公開されており、同ページのデータが盗用され、フィッシングサイトに転用されたものと見られる。また今回フィッシングサイトとして、4件のURLが確認されているが、ドメイン以下の文字列は正規サイトと同じ文字列を用いていた。

問題のフィッシングサイトは、11月28日の時点で稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。フィッシング攻撃に注意するよう呼びかけるとともに、情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
「MUFGカード」や「セゾン」などクレカ利用者狙ったフィッシング - ほぼ同じ文面、一部に編集ミス?
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
「5358番ポート」や「22番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う
「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
「MUFGカード」の利用者から個人情報だまし取る偽サイト - 類似攻撃にも注意を
「アカウントの更新が必要」とだます偽アマゾンにご用心