Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルテリア、DDoS攻撃対策サービスをリリース

アルテリア・ネットワークスは、同社サービスの利用者向けにDDoS攻撃への対策サービスを提供開始した。

同サービスは、同社が展開する「IPトランジットサービス」「専用線アクセスサービス」「iDC構内型アクセス(専有型)」の利用者向けに提供するDDoS攻撃対策サービス。

同社が定めたしきい値を超過した場合にメールで通知する検知プランのほか、バックボーン上の機器で自動や手動により攻撃トラフィックを破棄するプランを用意している。

月額利用料は、検知プランの場合、21万6000円から。最低利用期間は1年で別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2016/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
CSC、「攻撃遮断くん」利用者向けにサイバー保険を付帯
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応