Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が中学校生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 大阪市

大阪市内の市立中学校において、学生や卒業生の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、10月23日10時40分ごろ、教員が校内で使用していた私物のUSBメモリを紛失していることに気付いたもの。

同USBメモリには、2012年度から2015年度の卒業生661人分の氏名や成績、進路希望先のほか、同校の1年生212人と3年生181人分の氏名や成績などが保存されていた。一部161人分分のデータを保存していたファイルのみ、パスワードを設定していたという。

同教員は、規定に反して個人所有のUSBメモリを同日10時ごろ使用したが、以降の所在がわかっていない。校内や教員の自宅を捜索したが見つからず、警察に届け出るとともに学校へ紛失を報告した。

同校では対象となる在校生に説明と謝罪を行い、保護者には説明会を開いて謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県