Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が中学校生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 大阪市

大阪市内の市立中学校において、学生や卒業生の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、10月23日10時40分ごろ、教員が校内で使用していた私物のUSBメモリを紛失していることに気付いたもの。

同USBメモリには、2012年度から2015年度の卒業生661人分の氏名や成績、進路希望先のほか、同校の1年生212人と3年生181人分の氏名や成績などが保存されていた。一部161人分分のデータを保存していたファイルのみ、パスワードを設定していたという。

同教員は、規定に反して個人所有のUSBメモリを同日10時ごろ使用したが、以降の所在がわかっていない。校内や教員の自宅を捜索したが見つからず、警察に届け出るとともに学校へ紛失を報告した。

同校では対象となる在校生に説明と謝罪を行い、保護者には説明会を開いて謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府