Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が中学校生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 大阪市

大阪市内の市立中学校において、学生や卒業生の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市によれば、10月23日10時40分ごろ、教員が校内で使用していた私物のUSBメモリを紛失していることに気付いたもの。

同USBメモリには、2012年度から2015年度の卒業生661人分の氏名や成績、進路希望先のほか、同校の1年生212人と3年生181人分の氏名や成績などが保存されていた。一部161人分分のデータを保存していたファイルのみ、パスワードを設定していたという。

同教員は、規定に反して個人所有のUSBメモリを同日10時ごろ使用したが、以降の所在がわかっていない。校内や教員の自宅を捜索したが見つからず、警察に届け出るとともに学校へ紛失を報告した。

同校では対象となる在校生に説明と謝罪を行い、保護者には説明会を開いて謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院