Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、「FFR yarai」と「SML」の連携ソリューション

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、エンドポイント向けセキュリティ対策サービス「マルウェア侵入経路追跡サービス」を提供開始した。

同サービスは、FFRIのセキュリティ対策ソフト「FFR yarai」と、キヤノン電子のログ収集や端末制御機能を備える「SML」を組み合わせたソリューション。攻撃を監視し、侵入経路や拡散状況など調査し、富士通SSLの情報を踏まえた上で調査結果を報告。セキュリティ改善案を提案する。

価格は、エンドポイント1000台の場合、月額86万4000円から。ツールライセンスが別途必要となる。同社では今後2年間で10億円の売上を目指す。

(Security NEXT - 2016/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー