Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスタークラウド」に検索回避の脆弱性

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」において、検索対象から回避されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。修正プログラムが提供されている。

脆弱性が含まれるのは「同8」「同10」。一定条件下でファイルやフォルダに対する検索を回避されるおそれがあるという。同社が外部研究者より報告を受けたもので、悪用は確認されていない。

同社では、修正モジュールを用意。手動で適用できるほか、インターネットへ接続している場合は自動的に適用されるという。また「同11」以降は影響を受けない。

同社は製品利用者へ広く周知するため、JPCERTコーディネーションセンターへ報告。JVNでも情報が公開されている。

(Security NEXT - 2016/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートで修正
「Apache Struts 2」狙う攻撃が増加傾向 - 3月14日には2000件超を記録
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
「Windows Vista」のサポート終了まで1カ月切る - 「Exchange Server 2007」なども
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
ニッポン放送に不正アクセス、顧客情報5.7万件が漏洩のおそれ - 原因は「Struts 2」脆弱性
IPAの「安全なウェブサイト運営入門」に脆弱性 - サポート終了のため利用中止を
MS、1カ月ぶりの月例パッチを公開 - 公開済み脆弱性や複数ゼロデイ脆弱性に対処
「VMware Workstation」「Fusion」のドラッグ&ドロップ機能に深刻な脆弱性
「Adobe Shockwave Player」のアップデートが公開 - 悪用は未確認