Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザによる閲覧を実現するファイルを変換ソフトに新版

ラネクシーは、エンドポイントへアプリケーションを導入せずにファイルを閲覧できる米Accusoft製ソフトウェア「PrizmDoc V11」を提供開始した。

同製品はウェブブラウザから閲覧できるようサーバ上でファイルを変換するソリューション。Officeや、PDF、CADなどをはじめ、300種類以上のフォーマットをサポートしている。

最新版では、Windowsにくわえ、Linuxへ対応。電子メールフォーマットをサポートしたほか、検索機能や注釈ツールなどの機能強化を行った。

(Security NEXT - 2016/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
「WordPress」向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI