Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供

ベリサーブは、セキュリティを考慮したIoT機器やサービスの開発設計などを支援するあらたなサービスを提供開始した。

今回提供開始した「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」は、車載、家電、産業機器、医療などのIoT機器メーカーやベンダーを対象としたサービス。

3種類のメニューで構成されており、「IoTセキュリティリスク分析支援」では、IoT製品やサービスのセキュリティリスクについて分析、評価を行い、セキュリティ要件の検討について支援する。

一方、「IoTセキュア設計、開発支援」は、開発設計における上流工程を対象としたサービスで、ソフトウェア実装部分における開発要件、仕様、設計が、セキュリティ要件を満たしているか評価。

また「IoTセキュリティテスト」では、IoT機器がインターネットに接続している環境を想定し、OSやアプリケーション、通信インターフェースの脆弱性を評価。また機器が通信するシステムや、クラウドサービス、ウェブサービスのセキュリティテストにも対応する。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用