Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供

ベリサーブは、セキュリティを考慮したIoT機器やサービスの開発設計などを支援するあらたなサービスを提供開始した。

今回提供開始した「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」は、車載、家電、産業機器、医療などのIoT機器メーカーやベンダーを対象としたサービス。

3種類のメニューで構成されており、「IoTセキュリティリスク分析支援」では、IoT製品やサービスのセキュリティリスクについて分析、評価を行い、セキュリティ要件の検討について支援する。

一方、「IoTセキュア設計、開発支援」は、開発設計における上流工程を対象としたサービスで、ソフトウェア実装部分における開発要件、仕様、設計が、セキュリティ要件を満たしているか評価。

また「IoTセキュリティテスト」では、IoT機器がインターネットに接続している環境を想定し、OSやアプリケーション、通信インターフェースの脆弱性を評価。また機器が通信するシステムや、クラウドサービス、ウェブサービスのセキュリティテストにも対応する。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化