Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ業界誌のECサイトに不正アクセス - クレカ情報など流出

クレジットカードビジネス情報誌「CardWave」の通販サイトである「CardWave Online」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報など個人情報が外部へ流出していたことがわかった。

20160901_cw_001.jpg
不正アクセスを受けたCardWave Online

サイトを運営するカード・ウェーブによると、流出した可能性があるのは、1月15日から5月28日にかけて同サイトでクレジットカード情報を登録した顧客の個人情報。クレジットカードの名義、カード番号、有効期限のほか、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同社では不正アクセスを検知し、6月2日にサイトの脆弱性の診断を実施したところ、脆弱性が判明。「システムメンテナンスの都合」とのアナウンスとともに登録の受け付けを中止し、調査会社が調査を行っていた。最終調査報告は7月7日に受けており、その後関係者と協議して公表に至ったという。

同社では、対象となる顧客にメールで事情を報告し、謝罪。不正な請求が発生していないか請求内容を確認するよう求めている。クレジットカード決済については、安全性を確認し、クレジット会社の合意を得たうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「B.LEAGUE」関連サイトへの不正アクセス、クレカ不正利用が2倍弱に
カード決済代行業者からクレカ情報が流出か - エステ利用者は明細に注意を
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
フォレンジック調査で個人情報流出が確定 - GMO-PG