Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」の体験学習サービス

HASHコンサルティングは、オープンソースであるウェブサイトの脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」について解説する新サービスを開始した。

「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、情報システム部やウェブサイトの運営担当者などを対象に、脆弱性診断ツールの使用方法をハンズオン形式で説明するサービス。

情報処理推進機構(IPA)が運用する「ウェブ健康診断仕様」に準拠した脆弱性検査を行うための方法を解説。さらに脆弱性についての詳細な解説を行うコース「OWASP ZAP Maniacs」を用意している。

カリキュラムは、休憩を含めて2時間30分。価格は「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、21万6000円から。「OWASP ZAP Maniacs」は16万2000円から。

(Security NEXT - 2016/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク