Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」の体験学習サービス

HASHコンサルティングは、オープンソースであるウェブサイトの脆弱性診断ツール「OWASP ZAP」について解説する新サービスを開始した。

「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、情報システム部やウェブサイトの運営担当者などを対象に、脆弱性診断ツールの使用方法をハンズオン形式で説明するサービス。

情報処理推進機構(IPA)が運用する「ウェブ健康診断仕様」に準拠した脆弱性検査を行うための方法を解説。さらに脆弱性についての詳細な解説を行うコース「OWASP ZAP Maniacs」を用意している。

カリキュラムは、休憩を含めて2時間30分。価格は「脆弱性検査ハンズオンセミナーwith OWASP ZAP」は、21万6000円から。「OWASP ZAP Maniacs」は16万2000円から。

(Security NEXT - 2016/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント