Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、セキュリティ研究のコンテスト「Talent Lab」を開催

露Kaspersky Labは、セキュリティに関する研究成果を競うコンテスト「Talent Lab」を実施する。

同イベントは、サイバーセキュリティ分野の人材育成を目的としたコンテストで、18歳から30歳を対象に研究成果を募集するもの。技術分野の「TECHNICAL STREAM」、技術以外の分野を対象とした「NON-TECHNICAL STREAM」にて募集し、選出した上位50人を2017年2月にチェコのプラハで開催される決勝大会へ招くという。

優勝者「Top Talent」には教育資金として1万ドルを贈呈。次点の「Security Talent」賞には「Kaspersky Security Analyst Summit 2017」への参加権、「Creativity Talent」賞には「Cannes Lions 2017」への参加権を提供する。

応募締め切りは11月15日で、12月1日の最終選考者を発表する予定。申し込みは、同社の教育部門「Kaspersky Academy」の専用ページから。

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
中小企業向けセキュ人材マッチングサービス「バーチャルCISO」
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る