Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、セキュリティ研究のコンテスト「Talent Lab」を開催

露Kaspersky Labは、セキュリティに関する研究成果を競うコンテスト「Talent Lab」を実施する。

同イベントは、サイバーセキュリティ分野の人材育成を目的としたコンテストで、18歳から30歳を対象に研究成果を募集するもの。技術分野の「TECHNICAL STREAM」、技術以外の分野を対象とした「NON-TECHNICAL STREAM」にて募集し、選出した上位50人を2017年2月にチェコのプラハで開催される決勝大会へ招くという。

優勝者「Top Talent」には教育資金として1万ドルを贈呈。次点の「Security Talent」賞には「Kaspersky Security Analyst Summit 2017」への参加権、「Creativity Talent」賞には「Cannes Lions 2017」への参加権を提供する。

応募締め切りは11月15日で、12月1日の最終選考者を発表する予定。申し込みは、同社の教育部門「Kaspersky Academy」の専用ページから。

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス