Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、セキュリティ研究のコンテスト「Talent Lab」を開催

露Kaspersky Labは、セキュリティに関する研究成果を競うコンテスト「Talent Lab」を実施する。

同イベントは、サイバーセキュリティ分野の人材育成を目的としたコンテストで、18歳から30歳を対象に研究成果を募集するもの。技術分野の「TECHNICAL STREAM」、技術以外の分野を対象とした「NON-TECHNICAL STREAM」にて募集し、選出した上位50人を2017年2月にチェコのプラハで開催される決勝大会へ招くという。

優勝者「Top Talent」には教育資金として1万ドルを贈呈。次点の「Security Talent」賞には「Kaspersky Security Analyst Summit 2017」への参加権、「Creativity Talent」賞には「Cannes Lions 2017」への参加権を提供する。

応募締め切りは11月15日で、12月1日の最終選考者を発表する予定。申し込みは、同社の教育部門「Kaspersky Academy」の専用ページから。

(Security NEXT - 2016/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験