Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky Safe Browser for iOS」に脆弱性 - MITM攻撃受けるおそれ

Kaspersky LabがiOS向けに提供しているブラウザ「Kaspersky Safe Browser for iOS」において、中間者攻撃のおそれがある脆弱性が含まれていることが判明した。すでに修正版がリリースされている。

同アプリは、フィッシングサイトや不正サイトへのアクセスをブロックする機能を備えたiOS向けのブラウザアプリ。「同1.6.0」および以前のバージョンに、SSL証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-6231」が存在し、「マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)」により、通信が盗聴されるおそれがある。

セキュリティ研究者による今回の報告を受け、すでにKasperskyでは、脆弱性を修正した「同1.7.0」を7月下旬にリリースしている。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
WordPress向け投票プラグインにXSSの脆弱性 - アップデートで修正
エフセキュア法人向け製品のパッチ管理機能に脆弱性
「ntpd」に10件の脆弱性 - アップデートがリリース
「ntpd」に5件の脆弱性、サービス拒否のおそれ
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立
不正送金対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 最新版で修正
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開