Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky Safe Browser for iOS」に脆弱性 – MITM攻撃受けるおそれ

Kaspersky LabがiOS向けに提供しているブラウザ「Kaspersky Safe Browser for iOS」において、中間者攻撃のおそれがある脆弱性が含まれていることが判明した。すでに修正版がリリースされている。

同アプリは、フィッシングサイトや不正サイトへのアクセスをブロックする機能を備えたiOS向けのブラウザアプリ。「同1.6.0」および以前のバージョンに、SSL証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-6231」が存在し、「マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)」により、通信が盗聴されるおそれがある。

セキュリティ研究者による今回の報告を受け、すでにKasperskyでは、脆弱性を修正した「同1.7.0」を7月下旬にリリースしている。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「RoboHelp」向けにセキュリティアップデートをリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA
MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートがリリース
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY