Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムの検出数が約6分の1に - マルウェアの侵入経路に変化

一方2016年第2四半期は、同機構に対して身代金を要求する「ランサムウェア」への相談が多数寄せられているが、検出数そのものは、前四半期から大きく減少したという。

2016年第2四半期におけるランサムウェアの検出数は、前四半期の5293件の約6分の1にあたる794件へと大幅に縮小した。前四半期はその前の四半期から約13.2倍へと急増した経緯があり、今回の減少はその反動と見ることもできるが、2015年の水準と比較すると依然として多い状況であり、引き続き注意が必要。

さらに同四半期は、マルウェアの検出経路に大きな変化が見られたという。これまでユーザー自身やマルウェアによってダウンロードされるケースが圧倒的に多かったが、今回メールの添付ファイルが、13万1599件と全体の78%を占め、逆転した。

一方ダウンロード経由は3万4027件で、前期の10万5006件から約3分の1に縮小。全体に占める割合も20.2%に後退している。

20160726_ip_003.jpg
検出経路別のマルウェア検知数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に