Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリ開発の指標に利用できる「OWASP ASVS」日本語版

JPCERTコーディネーションセンターは、「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準」を公開した。同センターサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、OWASP(Open Web Application Security Project)がアプリケーションに求められるセキュリティ要件をまとめた「Application Security Verification Standard(ASVS)3.0.1」の日本語翻訳版。アプリケーション開発時の要件設定や、アプリケーション開発の客観的な指標などとして活用できる。

アーキテクチャ、認証、セッション管理、アクセス制御など19カテゴリについて記載。機微情報を扱う場合や、高度な信頼性が求められるアプリケーションなど、3段階の「セキュリティ検証レベル」についても示している。最新版はJPCERT/CCの公式GitHubリポジトリで参照できる。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
Linuxのパッケージ管理ツール「apt」に脆弱性 - 不正プログラム実行のおそれ
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
PDFソフト「Foxit Reader」「Foxit PhantomPDF」に複数脆弱性 - アップデートを
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始