Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリ開発の指標に利用できる「OWASP ASVS」日本語版

JPCERTコーディネーションセンターは、「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準」を公開した。同センターサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、OWASP(Open Web Application Security Project)がアプリケーションに求められるセキュリティ要件をまとめた「Application Security Verification Standard(ASVS)3.0.1」の日本語翻訳版。アプリケーション開発時の要件設定や、アプリケーション開発の客観的な指標などとして活用できる。

アーキテクチャ、認証、セッション管理、アクセス制御など19カテゴリについて記載。機微情報を扱う場合や、高度な信頼性が求められるアプリケーションなど、3段階の「セキュリティ検証レベル」についても示している。最新版はJPCERT/CCの公式GitHubリポジトリで参照できる。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「Knot Resolver」に脆弱性 - DNSキャッシュポイズニングのおそれ
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
複数OSやファームウェアでBluetooth実装に脆弱性 - 盗聴や改ざんのおそれ
「Apache Tomcat」にDoS攻撃やMITM攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に