Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加

ラピドセブンジャパンは、脆弱性管理ソリューションの機能を強化した「Nexpose Now」を発表した。日本では、2016年夏に提供を開始する予定。

「Nexpose」は、脆弱性の把握や対策の優先順位付けなどを行うことができる脆弱性管理ソリューション。Metasploitとの統合による脆弱性の評価などにも対応している。

今回あらたに提供する「Nexpose Now」では、エージェントベース、およびエージェントレスの双方を利用して、エンドポイントやクラウドに関する脆弱性データを自動的に収集。パッシブスキャンを行わずに、脆弱性の影響を評価することが可能となった。

また動的なダッシュボードとして「Liveboards」を用意しており、最新情報や修正の進捗状況を表示することが可能。既存のワークフローや他社のパッチ管理ソリューションとの連携にも対応した。

同社では、「Nexpose Enterprise」ユーザー向けに、英語による「Nexpose Live Monitoring」「Liveboards」「Exposure Analytics」「Nexpose Remediation Analytics」のベータ版を提供。日本市場へは2016年夏ごろより提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性