Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Rapid7、脆弱性管理ソリューションにデータ収集機能を追加

ラピドセブンジャパンは、脆弱性管理ソリューションの機能を強化した「Nexpose Now」を発表した。日本では、2016年夏に提供を開始する予定。

「Nexpose」は、脆弱性の把握や対策の優先順位付けなどを行うことができる脆弱性管理ソリューション。Metasploitとの統合による脆弱性の評価などにも対応している。

今回あらたに提供する「Nexpose Now」では、エージェントベース、およびエージェントレスの双方を利用して、エンドポイントやクラウドに関する脆弱性データを自動的に収集。パッシブスキャンを行わずに、脆弱性の影響を評価することが可能となった。

また動的なダッシュボードとして「Liveboards」を用意しており、最新情報や修正の進捗状況を表示することが可能。既存のワークフローや他社のパッチ管理ソリューションとの連携にも対応した。

同社では、「Nexpose Enterprise」ユーザー向けに、英語による「Nexpose Live Monitoring」「Liveboards」「Exposure Analytics」「Nexpose Remediation Analytics」のベータ版を提供。日本市場へは2016年夏ごろより提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース