Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デコイで攻撃者をかく乱、補足するソリューション

アズジェントは、ネットワーク内部へ侵入した攻撃者の活動を妨害、検知するイスラエルIllusive Networks製ソリューションを7月1日より提供開始する。

今回提供を開始する「illusive」は、端末やサーバのメモリキャッシュに、実在しない「FTPサーバ」や「データベース」のログイン情報、ブラウザの閲覧履歴を埋め込むことで、攻撃者をかく乱し、活動を阻害するソリューション。偽情報に対するアクセスを検知することも可能。

既存環境に影響なく導入でき、管理者が偽情報へアクセスすることはなく、運用に支障をきたすことはないとしている。価格は、5000件のIPアドレスを利用した場合、IPアドレスあたり9100円/年。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン