Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CryptXXX」が進化、LAN上の共有フォルダをスキャン - データ窃取機能も

ランサムウェアの「CryptXXX」が、バージョンアップを繰り返している。最新版では、共有フォルダに対する攻撃にくわえ、情報を窃取する機能なども追加していた。

Proofpointによれば、同マルウェアは4月以降アップデートを繰り返しており、4月29日に「同2」へバージョンアップ。さらに5月16日には2度目のメジャーアップデートで「同3」をリリースした。さらにマイナーバージョンアップにより、同月下旬の段階で「同3.1」となっている。

最新版では、ネットワーク共有を暗号化する機能を搭載。ファイル共有プロトコルの「SMB」で利用する445番ポートをスキャンニング。ローカルネットワークの共有フォルダへみずからアクセスし、ファイルを暗号化する機能を備えていた。

また端末から認証情報などを窃取する機能を実現するライブラリ「StillerX」をダウンロードする機能を搭載。暗号化のリスクだけでなく、取得された情報が売却されたり、標的型攻撃などへ用いられる危険もあるとして、同社は注意を呼びかけている。

新バージョンでは従来と異なる拡張子「.cryp1」を使用しており、「CryptXXX 2」「同1」向けにリリースされた復号化ツールでは復元できない。トレンドマイクロでは、同社のファイル復号ツールにおいて、旧バージョンを含む「CryptXXX 3」への対応を表明している。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
JPCERT/CC、新種ランサム「Bad Rabbit」で注意呼びかけ - 被害対応依頼の窓口などアナウンス