Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CryptXXX」が進化、LAN上の共有フォルダをスキャン - データ窃取機能も

ランサムウェアの「CryptXXX」が、バージョンアップを繰り返している。最新版では、共有フォルダに対する攻撃にくわえ、情報を窃取する機能なども追加していた。

Proofpointによれば、同マルウェアは4月以降アップデートを繰り返しており、4月29日に「同2」へバージョンアップ。さらに5月16日には2度目のメジャーアップデートで「同3」をリリースした。さらにマイナーバージョンアップにより、同月下旬の段階で「同3.1」となっている。

最新版では、ネットワーク共有を暗号化する機能を搭載。ファイル共有プロトコルの「SMB」で利用する445番ポートをスキャンニング。ローカルネットワークの共有フォルダへみずからアクセスし、ファイルを暗号化する機能を備えていた。

また端末から認証情報などを窃取する機能を実現するライブラリ「StillerX」をダウンロードする機能を搭載。暗号化のリスクだけでなく、取得された情報が売却されたり、標的型攻撃などへ用いられる危険もあるとして、同社は注意を呼びかけている。

新バージョンでは従来と異なる拡張子「.cryp1」を使用しており、「CryptXXX 2」「同1」向けにリリースされた復号化ツールでは復元できない。トレンドマイクロでは、同社のファイル復号ツールにおいて、旧バージョンを含む「CryptXXX 3」への対応を表明している。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害