Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSX、攻撃者視点で実践的にセキュリティを学ぶ「CEH」などを国内展開

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、EC-Council Internationalが展開するセキュリティエンジニアのトレーニングサービスを取り扱い開始した。

サイバー攻撃の手法を学ぶ「CEH(Certified Ethical Hacker)」をはじめ、トレーニングサービスやANSIより認定を受けている試験などを提供するもの。

主力となる「CEH(Certified Ethical Hacker)」は、ネットワークやソフトウェアなど、18種類の実践的なモジュールで構成されたトレーニングを提供。講習後も技術を試すことができる仮想システムを提供する。

またコンピューターフォレンジックを学ぶ「CHFI(Computer Hacking Forensic Investigator)」、Javaのセキュアプログラミングの手法を解説する「ECSP(EC-Council Certified Secure Programmer)」といったメニューを用意。

「CEH」は5日間のコースで5月より開講し、料金は49万8000円。「CHFI」は49万8000円、「ECSP」は29万8000円で、それぞれ7月、10月より提供を開始する予定。

同社では直販のほか、ATC契約パートナー経由でも提供していくとしており、初年度に直販、パートナーを通じて1万人への提供を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2016/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
顧客情報9.2万件含むサーバに不正アクセス - パーソルキャリア
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに