Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月のFlash Player更新、修正した脆弱性は当初発表より2件多い27件

Adobe Systemsは、5月12日に「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、25件の脆弱性を解消したと公表していたが、実際は27件の脆弱性を修正していたことがわかった。

20160520_as_001.jpg
当初25件と公表していたが、実際は27件を修正

アップデート公開当初、同社はゼロデイ攻撃が発生していた「型の取り違え」により生じる脆弱性「CVE-2016-4117」を含む25件の脆弱性へ対応したことを明らかにしていたが、これとは別の脆弱性2件へ対応していたことを明らかにしたもの。

具体的には、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2016-4120」と、解放したメモリへアクセスする「CVE-2016-4121」が、公開当初より同アップデートで修正済みだったという。

同アップデートにおいて、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、適用優先度を3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、早急な対応を呼びかけている。

修正対象となった脆弱性27件は以下のとおり。

CVE-2016-1096
CVE-2016-1097
CVE-2016-1098
CVE-2016-1099
CVE-2016-1100
CVE-2016-1101
CVE-2016-1102
CVE-2016-1103
CVE-2016-1104
CVE-2016-1105
CVE-2016-1106
CVE-2016-1107
CVE-2016-1108
CVE-2016-1109
CVE-2016-1110
CVE-2016-4108
CVE-2016-4109
CVE-2016-4110
CVE-2016-4111
CVE-2016-4112
CVE-2016-4113
CVE-2016-4114
CVE-2016-4115
CVE-2016-4116
CVE-2016-4117
CVE-2016-4120
CVE-2016-4121

(Security NEXT - 2016/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
macOS向けに「.NET Framework」を用いた攻撃 - 「Gatekeeper」を回避
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消