Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特権ID管理の市場規模、2015年度は38億5000万円 - 前年度比12.9%増

アイ・ティ・アールは、国内の特権ID管理市場の市場動向を取りまとめた。2015年度の売上額は38億5000万円で、2019年度には50億円規模になると見込んでいる。

20160519_it_001.jpg
特権ID管理市場の推移予測(グラフ:ITR)

同社が国内31ベンダーへの調査をもとに、市場動向と分析をまとめたもの。特権ID管理市場の2015年度売上額は38億5000万円で、前年度比12.9%増となった。2015年度は中位以上のベンダーのほぼすべてに伸びが見られたという。

2016年度は、2015年度と同程度の成長が見込まれるほか、内部犯行による情報漏洩の予防や、インシデント発生後の証跡を取得する手段としての需要が高まると見ており、売上額を43億円と予測。その後も市場は堅調に推移すると見ており、2019年には50億円を超えると見込んでおり、2020年までの年平均成長率を6.1%と想定している。

こうした動きについて同社は、特権IDによる操作の利便性と、情報漏洩に対するリスク回避のバランスについて苦慮している企業は多いと背景を分析。解決策のひとつになっているという。

(Security NEXT - 2016/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ