Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特権ID管理の市場規模、2015年度は38億5000万円 - 前年度比12.9%増

アイ・ティ・アールは、国内の特権ID管理市場の市場動向を取りまとめた。2015年度の売上額は38億5000万円で、2019年度には50億円規模になると見込んでいる。

20160519_it_001.jpg
特権ID管理市場の推移予測(グラフ:ITR)

同社が国内31ベンダーへの調査をもとに、市場動向と分析をまとめたもの。特権ID管理市場の2015年度売上額は38億5000万円で、前年度比12.9%増となった。2015年度は中位以上のベンダーのほぼすべてに伸びが見られたという。

2016年度は、2015年度と同程度の成長が見込まれるほか、内部犯行による情報漏洩の予防や、インシデント発生後の証跡を取得する手段としての需要が高まると見ており、売上額を43億円と予測。その後も市場は堅調に推移すると見ており、2019年には50億円を超えると見込んでおり、2020年までの年平均成長率を6.1%と想定している。

こうした動きについて同社は、特権IDによる操作の利便性と、情報漏洩に対するリスク回避のバランスについて苦慮している企業は多いと背景を分析。解決策のひとつになっているという。

(Security NEXT - 2016/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起