Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生8人の個人情報を誤って192人に配信 - 摂南大

摂南大学において、就職部が配信した履歴書の添削指導メールに、誤って学生8人の個人情報含む文書を添付していたことがわかった。

3月10日、学生が不適切な内容の文書を所有していると教員から指摘があり、問題が判明したもの。就職部が学生向けポータルサイトで配信した履歴書の添削指導メールに、本来添付すべき「履歴書見本」ではなく、異なる文書ファイルを誤って添付していた。

問題のファイルは内部資料で、学生8人の氏名や学生番号、進級状況などの個人情報が含まれる。同メールは2月10日に学生192人に対し配信され、掲載期間中に64人が閲覧していたという。

同大学では個人情報が流出した学生に対し、個別に説明と謝罪を実施。またメールを参照した学生には、ファイルの削除を要請など行っている。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大