Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新設「情報セキュリティマネジメント試験」の応募者は約2.3万人

情報処理推進機構(IPA)は、4月17日に実施を予定している2016年度春期の「情報処理技術者試験」の応募者数を発表した。「情報セキュリティマネジメント試験」が新設されたことで前年を上回ったが、全般的に応募者が縮小している。

同試験の応募者総数は、前年同期の18万1313人から20万921人へと増加。内訳を見ると、あらたに創設された「情報セキュリティマネジメント試験」が2万2903人、「基本情報技術者試験」が前年同期比99%の6万4904人、「応用情報技術者試験」が98.1%の4万6147人、5分野ある「高度試験」が97.5%の6万6967人だった。

前年を上回ったのは、「高度試験」の1分野である「情報セキュリティスペシャリスト試験」のみ。4期連続で増加しており前年同期比101.6%となる2万7769人だった。「システム監査技術者試験」は前年の93.2%にあたる3739人だった。

20160316_ip_001.jpg
2016年度春期の情報処理技術者試験応募状況(表:IPA)

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報処理安全確保支援士」に2206人が新規登録 - 経過措置対象者が6割強
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に