Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県暴追センターのサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導

20160127_kb_001.jpg

約1カ月にわたり、神奈川県暴力追放推進センターのウェブサイトが改ざんされていたことがわかった。

ウェブサイトが不正アクセスを受け、2015年12月上旬ごろより2016年1月14日にかけて、賛助会員入力フォームページが改ざんされたもの。不正なコードが埋め込まれ、同ページ閲覧した場合、外部の不正サイトへ誘導されるおそれがあった。今回の不正アクセスによる情報漏洩については否定している。

同センターではサイトを停止して改ざん箇所を修正し、安全を確認したうえで1月25日に再開した。今後は監視を強化して再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
TV配信サービスサイトに不正アクセス - 番組画像が改ざん
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも