Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

おせち注文客の個人情報含むPC紛失 - 富山の百貨店

富山県と石川県に百貨店を展開する大和は、おせちを注文した顧客の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。

2015年12月19日に、富山店食品売り場でおせち受注用のノートパソコン1台を紛失しているが判明。盗難の可能性もあるとして、警察へ届けた。

紛失したパソコンには、2014年と2015年に同店でおせちを注文した顧客2233人分の氏名や住所、電話番号、注文商品などの情報が保存されていた。同社では、起動時やおせち受注システムの作動時などにパスワードを設定していたという。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県