Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に修正パッチ - 17件の脆弱性を解消

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」における緊急度「クリティカル」の脆弱性へ対処したセキュリティアップデート「APSB16-02」を公開した。

20160113_as_001.jpg
17件の脆弱性へ対処した「APSB16-02」

今回のセキュリティパッチでは、メモリ破壊が生じる「CVE-2016-0931」や、解放済みメモリへのアクセスが生じる「use-after-free」の脆弱性など、あわせて17件の脆弱性へ対処した。「Windows」「Mac OS X」いずれも影響を受けるという。

脆弱性を悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがあり、同社は今回のアップデートについて緊急度を4段階中もっとも高い「クリティカル」に指定。同社は修正した「同15.010.20056」「同15.006.30119」「同11.0.14」を用意した。悪用は確認されておらず、いずれも適用優先度を「2」にレーティングし、30日以内の適用を推奨している。

CVE-2016-0931
CVE-2016-0932
CVE-2016-0933
CVE-2016-0934
CVE-2016-0935
CVE-2016-0936
CVE-2016-0937
CVE-2016-0938
CVE-2016-0939
CVE-2016-0940
CVE-2016-0941
CVE-2016-0942
CVE-2016-0943
CVE-2016-0944
CVE-2016-0945
CVE-2016-0946
CVE-2016-0947

(Security NEXT - 2016/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「WordPress」の自動更新が不能となるバグ - 手動更新の対応を
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響