Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む火災調査書など誤廃棄 - さいたま市

さいたま市の岩槻消防署において、「火災調査書」や「救助出場報告書」など個人情報含む書類の紛失が判明した。保存期間を誤って廃棄した可能性が高いという。

紛失したのは、火災原因や損害などが記載された「火災調査書」と、救助の活動概要が記載された「救助出場報告書」。2015年12月22日に判明した。

2005年度の火災調査書26件と救助出場報告書のフォルダ12冊、および2006年度の火災調査書22件で、氏名や住所、電話番号、性別、職業、世帯状況、財産状況などの個人情報が含まれていた。

これらの文書の保存期間は10年と規定されているが、職員が誤って5年と思い込み、2012年に廃棄した可能性が高いという。文書は施錠した倉庫に保管しており、外部への持ち出しについては否定している。

(Security NEXT - 2016/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県