Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETが「OS X El Capitan」へ専用プログラムで対応

キヤノンITソリューションズは、同社が取り扱うESET製セキュリティ対策製品において、最新のMac OSである「OS X 10.11 El Capitan」への対応バージョンを提供開始した。

「同10.11 El Capitan」向けに専用プログラムとなる「ESET Cyber Security Pro V6.1」「ESET Cyber Security V6.1」の提供を開始したもの。コンシューマー向け製品、法人向け製品のいずれも対象で、有効なライセンスを所有している場合、同社サイト上よりプログラムを入手し、無償でバージョンアップできる。

なお、同バージョンは、「同10.11 El Capitan」以外のOSでは利用できない。またプログラムに不具合があり、体験版としては利用できないため、注意が必要。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Cisco製スイッチ設定ツールに攻撃受けるおそれ - 国レベルの攻撃で悪用、複数国で被害
「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
Apple、「Spectre」緩和策を追加した「macOS」や「iOS」を公開
主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
「Adobe Flash Player」に9件の深刻な脆弱性 - 72時間以内にアップデートを