Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 10のメジャーUDで一部ESET製品に不具合 - マルウェア対策がオフに

キヤノンITソリューションズは、ESET製品の一部導入環境において、11月12日より配信が開始された「Windows 10」のメジャーアップデート適用後に不具合が生じているとして注意を呼びかけるとともに、対策などをアナウンスしている。

同社によれば、一部環境において「Windows 10」へのメジャーアップデートを実施すると、マルウェアの対策機能が利用できなくなるほか、同製品のアイコンが表示されなくなるおそれがあるという。

現在、同現象は「ESET NOD32アンチウイルス V8.0.304.7」にて確認されている。原因や他製品、他バージョンへの影響については調査を進めているとしており、同社では詳細情報をサイトで順次公開していく予定。

同社は対策方法を案内するとともに、「Windows 10 Pro」については、新機能の適用を遅らせることができるとして、対応の検討を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
「BIND 9」に2件のサービス拒否脆弱性 - アップデートが公開
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
学修支援システムで他学生氏名が閲覧可能に - 阪大
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に