Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCサイバーサービスが設立 - インシデント対応を支援

PwCサイバーサービスを設立し、11月1日より業務を開始した。脅威情報の提供やインシデント発生後の早期復旧サービスなどを中心に事業を展開していく。

同社は、プライスウォーターハウスクーパースの「スレットリサーチラボ」を前身とした新会社。同社代表執行役にプライスウォーターハウスクーパース代表取締役の鹿島章氏が就任。星澤裕二氏が最高執行責任者、名和利男氏が最高技術顧問を務める。

具体的なサービスとしては、インシデント発生時の復旧を支援する「インシデントレスポンスアドバイザリサービス」を提供。また脅威や脆弱性の情報提供のほか、マルウェアの感染状況や侵入経路を把握し、駆除する「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」を提供する。

今後は、PwCのグローバルネットワークで提供しているサイバーセキュリティサービスなども、国内で展開していく予定。今後3年間に約50名まで人員を拡充し、年間売上高10億円を目指す。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
Cisco製スイッチ設定ツールに攻撃受けるおそれ - 国レベルの攻撃で悪用、複数国で被害
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を