Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwCサイバーサービスが設立 - インシデント対応を支援

PwCサイバーサービスを設立し、11月1日より業務を開始した。脅威情報の提供やインシデント発生後の早期復旧サービスなどを中心に事業を展開していく。

同社は、プライスウォーターハウスクーパースの「スレットリサーチラボ」を前身とした新会社。同社代表執行役にプライスウォーターハウスクーパース代表取締役の鹿島章氏が就任。星澤裕二氏が最高執行責任者、名和利男氏が最高技術顧問を務める。

具体的なサービスとしては、インシデント発生時の復旧を支援する「インシデントレスポンスアドバイザリサービス」を提供。また脅威や脆弱性の情報提供のほか、マルウェアの感染状況や侵入経路を把握し、駆除する「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」を提供する。

今後は、PwCのグローバルネットワークで提供しているサイバーセキュリティサービスなども、国内で展開していく予定。今後3年間に約50名まで人員を拡充し、年間売上高10億円を目指す。

(Security NEXT - 2015/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に