Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報収集を指摘された従業員は退社、顧客への影響否定 - エフセキュア

エフセキュアは、同社従業員がSNSで個人情報を不正に収集、公開したとされる問題に関し、関係が指摘された従業員は、すでに退社していることを明らかにした。

Facebook上の政治的な投稿に対し、共感を示した人物の個人情報をFacebookの規約に反して収集し、リストとして公開したとされる人物が、同社関係者であるとの指摘が出ていたもので、同社では社内調査を行う方針を示していた

同社は、今回公開されたリストを所持しておらず、その内容も把握していないとし、問題が指摘された従業員も、すでに本人の意思により退社していることを明らかにした。

また同社事業への影響について、顧客情報や業務で入手した情報が外部へ流出した事実はないとし、同社セキュリティ製品が利用者の個人情報を収集することや、FacebookなどSNSに登録されている個人情報を保持することはないと説明している。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
緊急時の対応費用は保険で抑える「ネット炎上対策パッケージ」
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
エフセキュア、元従業員のSNS問題で調査結果を公表
10月のネット炎上は25件増の116件 - 杭打ち工事のデータ改ざん問題など
エフセキュア、SNS不正利用を指摘された従業員を調査
9月のネット炎上は91件 - 自治体職員の個人情報持ち出しでも
8月のネット炎上はエンブレム問題など71件 - IME情報漏洩問題が再度話題に
デザイナーの佐野氏、個人情報が悪用被害
半数以上の企業がエゴサーチを実施 - 風評被害など警戒