Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のネット炎上は25件増の116件 - 杭打ち工事のデータ改ざん問題など

不祥事や不適切な発言、SNSへの投稿などに批判や中傷が集まるインターネット上の「炎上」が、10月は前月から大きく増加した。

Twitterにおいて50回以上リツイートされ、特定のまとめサイトに経緯などがまとめられた話題のなかから、エルテスが独自に炎上と判定したものを集計したもの。10月の炎上件数は116件で、9月の91件を大きく上回った。

従来同様、不適切な発言や行動に対する批判が多く全体の47.3%を占める。横浜市のマンションで、杭打ち工事のデータに改ざんが見つかった問題で批判が集まったが、事件とは無関係の同業他社が過去の投稿やコメント、仕事内容から批判を浴びて炎上する「飛び火」のケースも見られたという。

(Security NEXT - 2015/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
緊急時の対応費用は保険で抑える「ネット炎上対策パッケージ」
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
エフセキュア、元従業員のSNS問題で調査結果を公表
エフセキュア、SNS不正利用を指摘された従業員を調査
9月のネット炎上は91件 - 自治体職員の個人情報持ち出しでも
8月のネット炎上はエンブレム問題など71件 - IME情報漏洩問題が再度話題に
デザイナーの佐野氏、個人情報が悪用被害
半数以上の企業がエゴサーチを実施 - 風評被害など警戒
7月の炎上、無断撮影した写真投稿やメディア批判など67件