Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホテルのメールアカウントに不正アクセス - 顧客にフィッシングメール

ホテルやレストランを展開する龍名館は、ホテル龍名館東京のメールアカウントが不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

7月15日に顧客から不審なメールが送信されたとの連絡を受けて調査を行ったところ、ホテルの代表メールアカウントが、国内のIPアドレスより不正アクセスを受け、過去にメールでやり取りした一部顧客のメールアドレス1954件が流出したという。流出したメールアドレスに対して、フィッシングサイトへ誘導するメールが送信されていた。

同社では顧客へ謝罪し、メールアドレスが流出した1954人にクオカード500円分、または同ホテルやレストランで利用できる2000円分の金券を送付する。

(Security NEXT - 2015/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に