Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のフィッシングURLは87件 - 2014年5月以来の水準

8月は、フィッシングで利用されたURLの件数が100件を下回った。2014年5月以来の水準で報告数も大きく減少している。

フィッシング対策協議会が、8月に寄せられたフィッシングの報告状況を取りまとめたもので、報告数は299件。前月の614件から半減している。

2015年上半期のフィッシング報告数を見ると、1月に2000件を超えたものの、2月は一転して500件以下へ縮小するなど浮き沈みが激しい。その後も4月や5月など一時増加傾向が見られたが、6月以降は500件前後で推移。8月はさらに改善し、2013年10月以来となる200件台へと落ち着いた。

特定の金融機関を騙るフィッシングが、前月から7割減となったことが影響したという。一方、オンラインゲーム関連は前月比13件減の216件と大きな変化は見られず、報告数全体に占める割合が前月の37%から72%へと上昇している。

フィッシングサイトに利用されたURLの件数も545件とピークを迎えた5月より減少傾向が続いており、8月も前月比129件となる87件。100件を下回ったのは、94件だった2014年5月以来。フィッシングに悪用されたブランド件数も前月を5件下回り12件だった。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス