Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関などの個人情報管理指針が改正 - 年金情報流出を受けて初動対応など強化

総務省は、行政機関および独立行政法人における個人情報の管理指針を改正した。

同省では、行政機関や独立行政法人において、保有する個人情報の管理体制や情報システムの安全確保、監査、点検、教育などを、従来より指針として定めているが、日本年金機構において大規模な個人情報の流出事件が発生したことを受け、これら指針を見直したもの。

改正では、初期対応の対策強化や現場における安全管理措置の徹底などを実施。不正アクセスが疑われる場合、ネットワークケーブルの抜線など被害の拡大を防止する対策をただちに講じることや、行政機関と管轄下の独立行政法人との連携強化などを明記した。

また一般職員だけでなく現場責任者も安全管理の研修を実施することや、業務で利用する個人情報の適切な暗号化、不要となった個人情報の消去などを、現場における安全管理措置として明記した。

(Security NEXT - 2015/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」通則編が改正