Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のアイ・オー製ルータに脆弱性 - DDoS攻撃に悪用されるおそれ

アイ・オー・データ機器製の一部ルータに脆弱性が存在し、DDoS攻撃の踏み台に利用されるおそれがあることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性が明らかとなったのは、アイ・オーが2003年に発売した無線ルータ「WN-G54/R2」および2004年発売の有線ルータ「NP-BBRS」の2モデル。

UPnP関連する脆弱性「CVE-2015-2984」が存在し、DDoS攻撃の一種である「SSDPリフレクター攻撃」の踏み台に悪用されるおそれがあるという。

アイ・オーでは、「WN-G54/R2」に対して脆弱性を修正したファームウェア「同1.03」を用意し、アップデートを呼びかけている。また「NP-BBRS」に関してはすでにサポートを終えているとして、使用を中止し、最新機種「ETX2-RA」へ切り替えるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも