Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS X向けアップデートで135件の脆弱性を解消 - Safariの脆弱性27件も

Appleは、「OS X Yosemite v10.10.5」および「Security Update 2015-006」の提供を開始した。あわせて135件の脆弱性を解消したという。

カーネルや「QuickTime」「Sudo」「OpenSSL」などにおける複数の脆弱性を修正。試行回数の制限を回避できる「OpenSSH」の脆弱性「CVE-2015-5600」にも対応した。

さらに「Bluetooth」「cURL」のほか、画像やテキスト、フォント処理、「Apache」や関連モジュール、「perl」「python」「PostgreSQL」の脆弱性を修正している。またこれらとは別に、同アップデートにはブラウザの新版「Safari 8.0.8」が含まれる。

Appleでは、「Safari 8.0.8」「同7.1.8」「同6.2.8」において、「WebKit」の修正を含む合計27件の脆弱性に対処した。ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの西村宗晃氏が報告した3件の脆弱性「CVE-2015-3750」「CVE-2015-3751」「CVE-2015-3752」なども解消されている。

(Security NEXT - 2015/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファローのネットワークカメラ「WNC01WH」に脆弱性
Oracle、定例更新で「Java SE」の脆弱性8件を修正
Oracleが定例パッチをリリース - 脆弱性299件に対応
「Drupal」のRESTモジュールに深刻な脆弱性 - 影響考慮し非サポート版向けにも更新
帳票ツール「風神レポート」のビューアソフトに脆弱性
IIJ製ルータ「SEILシリーズ」にサービス拒否の脆弱性 - 修正版ファームウェアが公開
「花子」など複数のジャストシステム製品に脆弱性 - 悪用は未確認
VMware、「Workstation」など複数製品に深刻な脆弱性
都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」
NETGEARの設定管理ユーティリティに脆弱性 - アップデートが公開