Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS X向けアップデートで135件の脆弱性を解消 - Safariの脆弱性27件も

Appleは、「OS X Yosemite v10.10.5」および「Security Update 2015-006」の提供を開始した。あわせて135件の脆弱性を解消したという。

カーネルや「QuickTime」「Sudo」「OpenSSL」などにおける複数の脆弱性を修正。試行回数の制限を回避できる「OpenSSH」の脆弱性「CVE-2015-5600」にも対応した。

さらに「Bluetooth」「cURL」のほか、画像やテキスト、フォント処理、「Apache」や関連モジュール、「perl」「python」「PostgreSQL」の脆弱性を修正している。またこれらとは別に、同アップデートにはブラウザの新版「Safari 8.0.8」が含まれる。

Appleでは、「Safari 8.0.8」「同7.1.8」「同6.2.8」において、「WebKit」の修正を含む合計27件の脆弱性に対処した。ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの西村宗晃氏が報告した3件の脆弱性「CVE-2015-3750」「CVE-2015-3751」「CVE-2015-3752」なども解消されている。

(Security NEXT - 2015/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性