Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県警、「サイバー犯罪捜査官」を募集 - 技術者にラブコール

神奈川県警は、IT業務へ従事経験があるエンジニアを対象に「サイバー犯罪捜査官」を募集している。あらゆる犯罪にサイバー空間が利用されており、専門技術を持つあらたな人材の獲得により、捜査能力の向上を目指している。

20150813_kp_001.jpg
神奈川県警サイバー犯罪対策課の工藤警視

同県警のサイバー犯罪対策課は現在65人。遠隔操作事件などを受けて2013年に設置された。「不正アクセス禁止法違反」やいわゆる「ウイルス作成罪」の捜査はもちろん、ネットワークを利用した詐欺事件や違法薬物事件、児童ポルノ事件など他部署の捜査をサポートしている。

サイバー空間には管轄圏がないため、全国へ出張捜査を行い、検挙を行うなど、捜査範囲は広い。設置からわずか2年だが、検挙件数は警視庁に次いで全国で2番目。しかも年々増加しているという。

これまでも同県警では、サイバー犯罪捜査の顧問として、S&Jの代表取締役社長である三輪信雄氏を迎え、2名の情報セキュリティアドバイザーを職員として登用している。しかし、警察官ではないため、サイバー犯罪捜査の最前線に立つことできず、捜査員の能力向上のため、セキュリティベンダーへ派遣するなど技術力の向上も図ってきた。

そのような状況を受け、同県警では今回あらたに「サイバー犯罪捜査官」のポストを用意。技術者を警察官として採用し、サイバー犯罪の捜査体制を強化したい考えだ。

「サイバー犯罪捜査官」に、ITやセキュリティ技術に関して高い知識が求められるのはもちろん、家宅捜索を行って端末を解析したり、場合によっては犯人の制圧、逮捕なども行うため、仕事は単なる技術職にとどまらない。体力も必要で文字通り「体を張った仕事」だ。

求められる能力は、一般企業においてIT関連業務へ4年以上従事していた経験など。任期は設定されていない。社会人経験を踏まえて、警察学校の入所期間も短く、即戦力として活躍が期待されている。階級は「巡査部長」からスタート。昇任試験を受け、活躍の場を広げることも可能だ。

神奈川県警サイバー犯罪対策課で課長代理を務める工藤浩一警視は、「特殊詐欺や違法ドラッグ事件でもインターネットが利用され、サイバー犯罪捜査の重要性が増している」と現状を語る。

「サイバー犯罪対策課だけでなく、すべての部署にサイバー技術に強い人材が必要となっている。今後、警察のなかでも花形になる」と同氏は職務の魅力をアピール。エンジニアへ熱いラブコールを送っている。募集の締め切りは8月31日。募集要項など詳細は同県警のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2015/08/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上