Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、内部不正への対応を考えるセミナーを開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と情報処理推進機構(IPA)は、無料セミナー「組織で働く人間による不正・事故は止められるのか?」を9月9日に都内で開催する。

同セミナーは、JNSAが書籍「内部不正対策14の論点」を出版することをきっかけに企画したもの。組織の内部者が起こした不正行為やセキュリティ事故に関し、対策や予防をどのように考えるか、幅広い観点から解説する。

基調講演や各種講義のほか、パネルディスカッションも予定。会場は品川のコクヨホール。定員は300人で、参加費は無料。事前申込が必要となる。詳細、申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
パスワードスプレー攻撃が大量発生中 - ウェブメールなど標的に
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「国際日本研究」コンソーシアムのサイトが改ざん - 無関係の商品ページ設置される
「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU