Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、内部不正への対応を考えるセミナーを開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と情報処理推進機構(IPA)は、無料セミナー「組織で働く人間による不正・事故は止められるのか?」を9月9日に都内で開催する。

同セミナーは、JNSAが書籍「内部不正対策14の論点」を出版することをきっかけに企画したもの。組織の内部者が起こした不正行為やセキュリティ事故に関し、対策や予防をどのように考えるか、幅広い観点から解説する。

基調講演や各種講義のほか、パネルディスカッションも予定。会場は品川のコクヨホール。定員は300人で、参加費は無料。事前申込が必要となる。詳細、申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
iOS向け保険管理アプリに脆弱性 - 「Cordova」向け旧プラグインに起因
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」